POINT外壁塗装会社を選ぶポイント

八潮の頼れる外壁塗装会社

〒340-0835 埼玉県八潮市大字浮塚403-5

外壁塗装をご依頼する際、重視すべきポイントをご存知ですか?

外壁塗装を行おうとなった際、皆様はどういったポイントで施工会社を選んでいますか?

お洋服やレストランであれば、その時の気分や好みで選ぶ方が多いと思いますが、外壁塗装はそう何度も行うわけではない工事ですし、お洋服やレストランの食事代よりも多くの費用がかかります。
そしてなにより大切なマイホームを預けるので、しっかりとした信頼のおける会社に依頼したいと思う方が大多数ですよね。

こちらでは、「外壁塗装会社を選ぶ際に気を付けるべきポイント」をご紹介いたします。

このようなポイントが重要です

1:外壁塗装を行う目的をはっきりとしておく

漠然と「外壁塗装をしなくては」と考えている方は、まずはしっかりと目標設定をすることが重要です。
皆さんが外壁塗装会社を探そうと思ったきっかけはなんですか?
例えば、建物の外壁の痛みが目立ち始めた・築数年しか経過していないが、外観に飽きてきた・・・
など、外壁塗装を行う際の目的は様々あると思います。

そういった中で、「住まいの美観を保ちたい」「雨風に強くしたい」など、それぞれの目的に合った塗料を使用することで、お客様が理想とする外壁塗装が叶います。
ですが、外壁塗装会社を探す際にその点がぶれてしまうと、思わぬ費用がかかってしまったり、思い通りの結果にならなかったり、といったことも。
そのため、外壁塗装会社を探す前に、まずは目標設定を行いましょう!

2:地域の施工店、もしくは対応エリア内の外壁塗装会社を選びましょう

外壁塗装を依頼する際、やはり地域に密着した工務店・外壁塗装会社さんがおすすめです。
外壁塗装を行った後、お住まいにトラブルがあった場合に遠く離れた場所の工務店ですと、すぐに施工を依頼できない可能性があります。

その点、お住まいの地域の外壁塗装会社であれば、比較的早期に、スムーズにトラブル解決に動いてくれます。
定期的なメンテナンスを行うといった観点からも、地域の外壁塗装会社がおすすめです。

3:お見積は複数社のものを取りましょう!

外壁塗装のお見積を依頼する際、他を探すのが面倒だからと1社だけに絞ってお見積を依頼していませんか?
外壁塗装工事を成功させるためには、より良い業者を見つけることが重要です。その際、1社のみの見積書では比較検討ができません。
そのため、何社かピックアップした上で、お見積を依頼するようにしましょう。
見積書についても、「一式」等で細かな詳細が書かれておらず金額だけが記載されているものは注意です。

外壁塗装には足場設置や付帯部の塗装等、様々な項目があります。一式の記載ですと、それらが含まれているのか?が分かりにくい上、本来であれば不要なプランも盛り込まれている可能性があります。
複数社の見積もりをとった上で、見積書の項目が詳細に書かれている業者さんがおすすめです。

4:塗料の説明や、アフターフォローについての説明はありましたか?

外壁塗装を行う際、塗料の種類がどういったものになるのかは非常に重要です。
また、施工中・施工後の不安を解消するためのアフターフォローも。
依頼しようとしている外壁塗装会社さんが、こういった説明をしっかりとしてくださる会社さんであれば問題ありませんが、質問しないと話してくれない・尋ねても明確な答えが返ってこない場合は要注意です。
塗料やアフターフォロー、保証についての説明がない場合は、必ず確認するようにしましょう。

5:外壁塗装会社の訪問営業があったら

お客様から「突然、外壁塗装会社が訪問してきて外壁を塗り替える時期だと言われた」といったご相談をいただくことが多々ございます。
お住まいの外壁は定期的にメンテナンスする必要があるのは事実ですが、事前の連絡もなく突然「塗り替えないと、今後補修費用が莫大にかかってくる!」等の言葉で外壁塗装を進めてくる業者がいた場合は、注意が必要です。

外壁塗装を行う際、現地調査といってしっかりとお住まいの状況を把握した上で工事計画を立てる必要がございます。また、前述のとおり「どんな家にしたいか?」により、選ぶ塗料の種類も変わってまいります。
訪問業者が必ずしも悪徳業者ではありませんが、その場で契約を迫ってくる場合や大幅な値下げを提案してくる場合は、その場ですぐに決断せず他社のお見積を取るべきです。

外壁塗装のコストが安く抑えられるに越したことはありませんが、安いには安いなりの理由があります。
マイホームを預けても問題がない会社かどうか、お客様の目でしっかりと見極めるためにも、即決はせず他社の提案や意見も聞いてみましょう。

 

外壁塗装塗り替え時期の見極め方

外壁塗装は、お住まいの外観を良くするだけでなく、大切な住まいを保護する役割を担っています。
屋根や外壁は常に雨や風、紫外線にさらされており、住まいを守るためには外壁塗装による保護が必要です。

ですが外壁塗装には耐用年数があり、雨や風、紫外線の影響で劣化してしまいます。
そのため、定期的なメンテナンスが必要なのです。
こちらでは、外壁塗装の塗り替え時期の見極め方について、ポイントをご紹介いたします。

 

1:外壁にひび割れが発生している

外壁は、紫外線による劣化でひび割れ(クラック)が生じることがあります。
また紫外線の影響だけでなく、新築時のモルタルの乾燥が不十分の場合にも、ひび割れが起こることがございます。
ひび割れから建物内部へ雨水が侵入し、雨漏りの原因になることも。
また内部の鉄部へ錆を発生させてしまうこともあるため、建物へ大きな悪影響を与えます。

2:外壁に触れると、白いチョークの粉のようなものが指にくっつく

お住まいの外壁を手でこすった際、白いチョークの粉のようなものが指に付着していたら、外壁塗装の塗膜劣化の可能性があります。
塗膜が劣化しているということは、雨風、紫外線から建物を保護する力だ弱まっている証拠ですので、外壁塗装の塗り替えが必要となります。

3:住まいの鉄部に錆が発生しています

鉄製の手すりやひさし、カーポートといった場所へ錆が発生していたら要注意です。
鉄は錆に弱く、定期的に塗装で保護する必要があります。
定期的なメンテナンスを行っていない場合や、錆をしばらく放置してしまっている方は、外壁塗装とともに鉄部の塗装をご検討ください。

4:屋根や外壁に、カビ・藻がついている

お住まいで太陽光が届かない場所や、湿気がこもりやすい立地の建物の場合、カビや藻の発生に注意する必要がございます。カビや藻をそのままにしてしまうと、屋根や壁面に悪影響を与える可能性があります。
そのため、発見した際には早期に対応すると良いでしょう。

MOAでは、高圧洗浄や紙やすり等を使用しカビ・藻を徹底的に清掃。
その後、防カビ剤を配合した塗料で塗装いたします。

無料見積
ご相談
ページ
最上部へ
TOP
PAGE